テレクラの本当の姿とは?

男性がテレクラを利用する目的とは一体何なのでしょうか。考えられる目的はいくつかあります。まず、話をした女の子とエッチをするということ。昔流行ったテレクラでは、これがほとんどの男性の目的でした。

しかし今のテレクラはシステムや形態が異なっている上、男性の相手をする女性もテレフォンレディといわれるサイトに雇われて働く女性ですから、この目的を果たすのは難しいといえるでしょう。

次に挙げられるのが、出会いを求めているケースです。

以前のテレクラが次第に廃れていった原因のひとつに「出会い系サイト」の台頭があります。これは男女の出会いの場として人気のあったテレクラですが、インターネットの普及により出現した新しい男女の出会いを提供してくれる出会い系サイトに取って代わられてしまったというものです。

ところが最近また、出会い系サイトよりもテレクラのほうが出会いに結び付きやすいとして利用する人も増えているといいます。確かに出会い系サイトではメールのやり取りに時間が掛かったり複数回のメールの交換をしなければならないなどの面倒があったりしますし、必ずしも出会いが簡単に得られるわけではありません。

また、サイト内にサクラが蔓延しているといった点は大きなデメリットといえます。その点、テレクラなら電話で直接会話をしたりチャットができるので、手っ取り早く女の子とコンタクトできるのはメリットです。さらにサクラの存在もあり得ません。

けれどもやはり、テレフォンレディと呼ばれるテレクラに所属する女性と実際に会うのは簡単ではないというのが実情なのです。

実は、最近テレクラを利用する男性の目的で増加しているのが、単に女の子との会話を楽しむというものなのです。これは草食系男子が増えているという状況もあるのかもしれませんが、テレクラに電話をしてただ世間話をしたり趣味の話をするだけというものです。

何だか信じ難いのですが、テレフォンレディとの会話に「癒し」や「安らぎ」を求めているというのです。自分の話を誰かに聞いてもらいたいと思っても、希薄な人間関係によりなかなかそんな相手に恵まれない現代社会、だからこそテレクラに電話を掛けるのです。

テレフォンレディなら「うん、うん」と優しく耳を傾けてくれます。「エッチなことをするところ」「何だか怪しい雰囲気」「アンダーグラウンドなサービス」といったテレクラに対して世間一般的に持つイメージと現実の姿とはかなり異なってきているといえるでしょう。

関連記事